リサイクルの事、もっともっと知りたい人はここで勉強しようよ☆

リサイクルの事ならりさいくりんぐ!

容器包装リサイクル法

リサイクル法の一つに、容器包装リサイクル法なる物があるのですが、その概要を説明していきますのでかったるいと思いますがなるべく聞いて下さい(笑)

容器包装リサイクル法というのは、廃棄物の量を減らし、リサイクルを促進させる為に、平成7年の6月に制定された法律で、平成9年の4月から本格的に実施された法律です。

容器包装リサイクル法の特徴

容器包装リサイクル法の特徴としては、元々市町村だけが全てに置いての責任を担っていた容器包装廃棄物の処理などをそれぞれ消費者はゴミを分別して排出し、そのゴミを市町村が分別・回収し、事業者はそれを回収して再利用、商品などにリサイクルするという3つの工程に分けて、それぞれの役割分担を決め、連携して容器包装廃棄物の処理にあたるという事が特徴です。

細かく説明していきますと、まずは消費者側の「分別・排出」を説明するわけですが、あれですよ、ゴミの分別、細かいですよね?缶はスチール缶とアルミ缶を分けなきゃいけないし、ペットボトルなんか上のキャップを取り外してラベルも他に分別して出さないといけないですし、正直めんどくさい。でもあれをすることで市町村のゴミ収集車が回収しやすくなるし、その後のゴミのリサイクル作業がはかどると言うことを考えるととても重要な役目だと言うことが分かりますよね。

市町村が請け負っている「分別収集」ですが、これは市町村がゴミ収集車でゴミを回収して、リサイクルを行う業者に引き渡すのですが、市町村側が消費者に細かくゴミの分別を指定してそれを消費者が守り実践する、その連係プレイが成り立ってこそゴミを円滑にリサイクルすることが出来るようになるのです。

そして一番重要なリサイクルを行う業者の役割ですが、これは市町村から受け取ったゴミをまた新しい資源として再利用する為に処理を行う役目を担っています。まぁ実際は指定されている法人にリサイクルを委託してそのリサイクルに掛かる費用を負担してその義務を果たす、と言った感じですね。

そう言った問題に取り組むにあたって、大切なことは、リサイクルするのは良いけどこれ以上ゴミを出さないようにする。と言うことが一番大切ですよね。例えばスーパーのレジ袋、レジ袋を使わずに舞いバックを持っていけば格段にゴミの排出量を抑えることが出来ます。最近では大手のスーパーなどでレジ袋の有料化が図られるようになってきました。事業側もそう言った努力をして容器包装廃棄物の排出抑制に努めなければならないと思いますね。

リユース・リデュース・リサイクル